森と生きる
森にたたずむ木工房
緑に囲まれ、川が流れる飛騨高山の
広大な敷地に構えた木工房で、
「素材」「技術」「デザイン」に
こだわったモノ造り。
職人の共同体であり続けること
家具職人、大工、設計士など、
木でモノを造ることの楽しさ、
木工の技術の奥深さに魅入られた
職人たちの共同体。
「百年使える家具」を造る
無垢の木が持つ美しさと特性を
引き出し、匠の技に思いを込めて、
長く愛着をもって使い続けて
いただける家具づくり。
「百年の住まい」とは
長い年月をかけて育った木を
大切に永く使うことにより、
世代を超えて住み継いでいける
「地産地生」の家づくり。
そして、百年後のために木を植える
「山から木を一本もらったら、
木を一本植えよう」。
1974年の創業当初から取り組む、
持続可能な循環型社会に向けた活動。
百年かかって育った木は、百年使えるものに
飛騨高山 杜の工房に集う、モノ造り集団。
国産の木材を余すことなく使い切る。
「木組み」に代表される伝統的な木工技術。
飽きの来ない普遍的なデザイン。
この3つにこだわり続けることが、
オークヴィレッジのモノづくりの原点。
飛騨高山、森の中の工房に集う職人たちが、
100年使える家具、100年住み継ぐ住まいをつくっています。

創業 1974年

飛騨高山の自然と共生する 森の中の木工房
オークヴィレッジスタイル 家具 × 住宅
創業者たち。 五人の若者の思い
「始まりの前の物語」 オークヴィレッジの歩み
「緑の工芸村」から 高山本社


オークヴィレッジの“今”

オークヴィレッジのものづくり