家具

オークヴィレッジの家具

素材

日本の森の育成のために
国産材を用いています

オークヴィレッジでは、創設当初より国産材にこだわり、国産広葉樹の無垢材を使用した家具づくりを行っています。
日本は国土の約7割を森に覆われ豊富な森林資源がありますが、外国産材の輸入などにより国内林業の衰退が進み、国内の森林は十分な手入れがなされずに荒廃が進んでいます。
健康な森の育成は生態系を豊かにし、土砂崩れなど自然災害を防ぐ効果があるのみならず、樹林が二酸化炭素を吸収することで温暖化防止にもつながります。適切な形で国内の森林から木を伐採し、植えて育てるというサイクルを円滑に回すためには、国産材を積極的に活用する必要があります。国産材を使うことは、豊かな自然を守るだけでなく、日本の林業を活性化させ地域経済の発展にもつながります。また、木製家具を永く使うことは炭素を固定化することになり、地球温暖化防止にも貢献いたします。

※例示の商品は廃盤や仕様変更を行う場合もございます。

「適材適所」を見極める

日本の無垢の木を使用する上で「適材適所」の考えを大切にしています。木目や色などの表情や強度など、それぞれの樹種の特徴を理解し、適材を適所に用いることで、より品質の高い家具づくりが実現できます。
一本の丸太から製材する際も、樹種ごとの木質、木目の出方、木(もく)理(り)(木目方向の伸び縮みの度合いの違いやクセ)、曲がり具合などを見極めて、各製品のどこの部材に適しているかを判断しています。
例えば同じナラ材でも、若くて粘り気のある材は椅子の脚に、老齢の古木で希少な木目の板は食器棚の扉の鏡板に、伸びやかで色目が美しい板はテーブルの天板に、とオークヴィレッジでは「適材適所」の使い分けをしています。

家具づくりの主な材種

私たちが家具で主に取り扱っている材種は、ナラ、クリ、カバ、ニレ、ブナなどの国産広葉樹です。
それぞれの木の性質を見極めた上で家具づくりを行っています。

  • Swallowチェア
    堅く表情豊かなナラを使った「Swallowチェア」
    商品情報を見る
  • 折りたたみ小机
    耐久性の高く表情ゆたかな木目のクリを使った「折りたたみ小机」
    商品情報を見る
  • kabanoデスク
    緻密で滑らかな手触りのカバを使った「kabanoデスク」
    商品情報を見る
  • KOBAKO
    割れにくく美しい木目のニレを整ったユニット家具「KOBAKO」シリーズ
    商品情報を見る
  • 広葉樹の森こどもイス
    粘りがあり、あたたかみのある色調のブナを使った「広葉樹の森こどもイス」
    商品情報を見る

自然そのままの風合いを

木の色合いや質感を生かし、木の魅力を引き出す最良の仕上げ方法と考え、植物性オイルや漆塗装の自然素材よる仕上げを施しています。
自然由来の塗料は使い込むことで経年変化による味わいを醸し出すだけではなく、将来にわたり塗り直しが可能で、長くお使いいただけます。


植物性オイル仕上げ

漆塗仕上げ

技術

100年使える家具を目指して

私たちが家具を造るために使用する広葉樹は、日本の森の中で時間をかけて生長したものです。
この貴重な素材を活かし長い年月の使用に耐え得るものにするためには、木の性質についての幅広い理解と高い耐久性を実現する設計や「木組み」などの加工技術が必要です。
それらを踏襲して造られた家具のみが、"100年使える家具"として世代を超えて受け継がれていくものとと考えています。
「木組み」を用いることによりメンテナンスが必要となった場合でも、分解修理や改造が可能になります。完成したのちもこうした加工ができることから、"100年使える家具"ともいえるのです。

家具で用いる主な木組み

蟻桟(ありざん)
テーブルなどの天板などの反りを防ぐための工法です。天板裏に台形の溝を掘り、その溝に蟻桟を送り込みます。板が伸縮しても、天板が蟻桟を滑ることにより伸び縮みは許容しつつ、割れることなく反りを防ぎます。この加工は、手前から奥に向けて微妙な幅の差をつけ、音を聞きながら叩き込むもので、匠の技と勘が求められます。
框組み(かまちぐみ)
食器棚やサイドボードなどの箱物に利用される工法です。
柱状の構造材(框)をほぞ組みによって組上げます。框組は木の伸縮や反りによる狂いの影響が少ない優れた工法です。
ほぞ組み
「ほぞ穴」を「ほぞ」に差し込み、材を接合する工法です。
木造建築にも使われている、最も一般的な木組みの技術です。強固な接合ができ、材のねじれなどを防ぐ効果があります。オークヴィッジでは、テーブルの脚と天板の接続などの強度を求める箇所に、より正確な加工精度を要する「二枚ほぞ」という仕口技術を用いています。

折りたたみ家具の開発

日本の暮らしでは、お布団をたたんで押入れに仕舞うように、家具も「折りたたむ・仕舞う・持ち運ぶ」ことでお部屋を広くするなど空間を機能的に使うことができます。
オークヴィレッジでは、住空間の多目的な活用ができる「折りたたみ」家具の開発に力を入れております。もともと無垢材・木組みの家具といえば、構造が変わらない据置き家具が基本型です。しかし、積み重ねた木工技術を駆使することで、木組みでありながら、最小限の部材構成と木材の適材適所で、簡単に折りたたみできる利便性の高い家具づくりが実現しました。

折りたたみサイドテーブル
折りたたみサイドテーブル
暮らしに合わせて色々な用途でお使いいただけるコンパクトなサイドテーブル。使わないときは簡単に収納できる折りたたみ式で、可動部分も含め、すべて木組みでつくりました。
金物を使わない伝統工法を活かしたオークヴィレッジ独自の折りたたみ構造で、どなたでも簡単に折りたたむことができます。

デザイン

木の魅力を最大限に

デザインは造形的な美しさを追求するという面だけではなく、使い勝手や安全性はもちろんのこと、素材の持つ性質や雰囲気をどのようにかたちに反映させるかも大切な要素です。
そのため、デザインにおいても私たちが目指す「適材適所」のモノ造りの完成をより高め、木のポテンシャルを可能な限り引き出し、魅力ある製品にするためのフォルムやディテールを追求し続けています。

kabanoデスク
kabanoデスク
日本で多く育つ広葉樹・カバの木を使用した「kabanoデスク」。
堅くて緻密なカバの木質だからこそ表現できるエッジ(稜線)を際立たせたデザインにしています。
また近年では、時代のニーズに合わせ、よりスリムで軽量化を図った椅子やデスクを開発しています。
Swallowチェア
エルゴノミクス(人間工学)で得られた知見を基に設計されたSwallowチェア。 笠木部分は、「曲げ木」を大きく施し、人間工学に基づき、さらに立体的に削り出した部材を特徴としています。身体を優しく包み込むような心地よい座り心地のみならず、ツバメ(Swallow)の羽を想わせる緩やかラインが、この椅子の表情を決定づけています。