トップページ  >  家が建つまでの流れ
Flow
まずはご相談ください
オークヴィレッジの建築を知っていただくためには、拠点である飛騨高山へお越しいただくのが一番ですが、難しい場合はお電話やFA X 、メールでもご相談を承っております。また、関東方面にお住まいの方はオークヴィレッジ東京での面会・ご相談も可能です。まずはお気軽にお客様のご希望をお伝えください。
基本設計・調査・提案
敷地条件( 法規制、地盤、道路、インフラ、近隣など)の調査を行ったのち、お客様のご要望に対して、私たちからの提案を盛り込んだラフ図面や模型を作成しプレゼンテーションいたします。
仮契約・設計図の作成
基本的な方向性が決まった時点で仮契約を結びます。基本設計を元に、より具体的な設計図を作成し、順次お客様の確認をとっていきます。特殊な材料についてはこの段階で準備を始めます。
お見積りの提示
実施設計図面に基づいて工事金額の見積もりを作成、ご提示いたします。合意が取れたところで、建築確認申請など行政手続きを行い、工事契約を結びます。いよいよ着工に向けて動き出します。
地鎮祭~ 建前
現場では地鎮祭ののち地盤改良や基礎の工事が進みます。高山の作業場では木材料を選定、乾燥、製材したのち、部材に墨付けし、刻みます。その部材を現場に運び、建前で一気に組み上げます。
上棟式~ 完了検査
建前の終盤、家の棟木が上がると上棟式を行ないます。その後は、左官、塗装、建具…など様々な職人が匠の技を施します。完成後、各種検査を行い、お客様にご確認いただき、引渡しとなります。
竣工・引渡
このタイムテーブルは、40~50坪の一般的な住宅の場合です。
ご見学について
オークヴィレッジ高山にお越しいただけましたら、敷地内にあるショールーム等の各種建物、材料置き場、大工作業場、建築事務所をご案内いたします。
個人住宅のご見学につきましては、お客様のプライバシー保護のためお断りしております。建築のお話が具体的になってきた時点で、ご要望に近い物件をご見学いただくことは可能です。
また、私どもが各地で手掛けた店舗・施設等の一部はご利用、ご見学が可能ですのでお問い合わせください。
アフターフォローについて
木造の建物はその地になじむまである程度の時間が必要となります。
竣工後2~3年は木製建具等の調整が必要となることがあります。
オークヴィレッジでは竣工後も定期的な点検を行います。
建物に関して気になることはその都度 ご相談いただけましたら、適宜対応していきますのでご安心ください。