Oak Village NOTE

オーダーメイドで作る一枚、 “GOSHIMA絨毯”の魅力

この3月、高山店では『GOSHIMA絨毯とソファ展』を開催いたします。本日はその「GOSHIMA絨毯」について、ご紹介をしたいと思います。

GOSHIMA絨毯は、オーダーメイドでつくる絨毯です。オーダーメイドですのでお客様の「つくる」という想いがあって、そこから実際のものづくりが始まります。一般的に絨毯を手にするのはペルシャなどで織られた絨毯が日本のお店に輸入され、たくさんの中から素敵だなと思う一枚を選ぶ。絨毯との出会いかたは、そんな具合かと思います。

しかし、GOSHIMA絨毯は、オーダーメイドという方法で敢えて時間をかけても、お客様の想いを形にすることを大切にした一枚です。オーダーメイド絨毯の魅力は、注文をした使い手とご注文を受けた作り手との時間の共有から、その一枚の歴史が始まることです。もちろん手織りの絨毯ですから、大きなサイズでは完成までに4カ月以上かかります。しかしその4ヶ月の間にも待つ人・つくる人、それぞれの人生のそれぞれの4ヶ月の日々が織り込まれていくものと考えます。

GOSHIMA絨毯は、モロッコやネパールで現地の職人が手織りで制作されています。日本からご注文が入ると、職人たちは絨毯を制作できることを皆で喜ぶそうです。腕を見込まれ選ばれし職人たちは、良いものをつくろうという想いを持って、たくさんの工程の職人たちが、それぞれの技術を活かし、一枚の絨毯に向かっていきます。GOSHIMA絨毯を通して、この長いようで短い、短いようで長い4ヶ月を、遠い国の作り手と共有していくのです。

作り手と使い手を縁で結び合せ、一枚の絨毯が何ものにも代え難い一枚となりますように。
このたびのGOSHIMA絨毯のご紹介から、確かな品の価値とともに、ものに対する深い愛着へと繋がる体験をお届けしたいと思います。

GOSHIMA絨毯の公式HP
GOSHIMA -CARPETS- オーダーメイドで作る一枚

⼀覧へ戻る