施工実績

柿木のある家

建築Photo by Isao Imbe

About This Project

所在地:兵庫県
構造規模:木造2階建て
延床面積:147.07㎡

設計・デザインについて

清流が流れる山あいの城下町であるこの地は、古い民家や土蔵が今も残っています。東西に長い敷地には1本の柿木が根付いておりその姿はとても印象的でした。
建主は2台分の屋内車庫と家族がゆったり過ごせるリビングを望まれており、1階に車庫と和室を設け、生活の拠点をすべて2階に設けることとなりました。それにより、伸びやかで風通しのよい開放的な空間が確保でき、同時に隣家や道路からの視線を避けることも可能になりました。
リビングからデッキ越しに見える柿木は葉が繁る夏は暑い日差しを遮り、落葉する冬には暖かい日光を建物奥まで届ける環境装置としても貢献しています。
周辺には焼杉や漆喰の町並みがあり、その景観を大切にしたいという思いから、この家の外壁も黒色塗装のスギ板とモルタル下地の吹付塗装で仕上げ、コスト的にも耐久的にも現代に対応できるものとしました。

⼀覧へ戻る