お知らせ

2018年12月12日群馬県・みなかみ町と包括的連携協定を締結
みなかみユネスコエコパーク『森林(もり)を育む広葉樹産業化プロジェクト』
〜 「環境」「産業」「地域」を繋ぐ新しい事業モデル 〜  

オークヴィレッジ株式会社と群馬県みなかみ町は、2018年12月9日、林業の六次産業化および地域活性化を目指し、包括的連携協定を締結しました。
本プロジェクトは、2017年6月に「ユネスコエコパーク」(※1)に認定されたみなかみ町が推進する、「自伐型林業」(※2)の整備の過程で伐り出される広葉樹を、木材としてオークヴィレッジが活用し、製品づくりと市場への販売を行うものです。それにより同町内の森林整備を後押しし、さらに地域材を活用した木育事業を推進するなど、ハードとソフトを融合させた林業の六次産業モデルの確立を目指します。また、両者がこの先駆的取り組みを情報発信することで、国内全体の森林関係者のモデルとなり、様々な森林改善に波及することを視野に入れています。
両者はユネスコエコパークの理念のもと、地域産広葉樹の有効活用と、「林業」「産業」「地域」の3つを繋ぐ事業モデルの確立を目指します。

調印式にて/鬼頭春二みなかみ町長(左)・上野英二社長(右)

[プロジェクト概要]

この取り組みは「林業」「産業」「地域」の3つの要素から成り立ちます。

〇 林業

民有林13,437ha(町有林397ha+民有林13,040ha)の中にモデル地区を設け、自伐型の施業を行いながら、針葉樹と広葉樹が混交する健全な森林づくりを進めます。

〇 産業

択伐施業により伐り出された、広葉樹を使った木工製品を開発・製造、市場への販売を行います。

〇 地域

自伐型林業の実践を通じ、技術や文化を継承する人材を育成します。「地産地消型」木製品による木育事業を通じ、地域独自のアイデンティティを醸成します。

みなかみ町

※1 ユネスコエコパーク
正式名称は「生物圏保存地域(Biosphere Reserves: BR)」。「自然と人間社会の共生」を実践するモデル的地域でありユネスコが認定する。豊かな生態系や生物多様性を保全し、文化や経済・社会的にも持続可能な発展を目指す。現在日本国内に9箇所。

※2 自伐型林業
採算性と環境保全を高い次元で両立する、持続可能な比較的小規模の森林経営。