トップページ  >  施工実績  >  住宅  >  住み継がれる家
住み継がれる家
所 在 地:神奈川県
延床面積:346.55㎡
構造規模(母屋):木造 平屋建て
延床面積(母屋):118.15㎡
構造規模(増築):木造 2階建て
延床面積(増築):188.74㎡
構造規模(土蔵):木造 2階建て
延床面積(土蔵):39.66㎡
設計・デザインについて

この辺りは多摩川の沖積地であり、かつては果樹園、水田、養蚕が行なわれていた農村地域でした。敷地には築百年ほどの土蔵と、それ以前に建てられた母屋があり、建主のお母様が一人暮らしていました。建主家族も同居することとなり、母屋と土蔵を改修し、敷地北側に建主家族の住宅を新築しました。母屋にはお母様の寝室を確保し、仏間等はそのまま残し、渡り廊下と水まわりを兼ねた建物で新築部分とつなぎました。敷地南側から順に土蔵、母屋、新築部と配置し、南北に伸びるアプローチによって各棟を連続させ、格子戸などを用いて、敷地全体に風を通しています。100年使われてきた柱と貫による伝統構法で建てられた母屋と土蔵は、さらにこれから100年使えるように同じ構法で改修を行いました。