トップページ  >  施工実績  >  住宅  >  蘇る家
蘇る家
所 在 地:神奈川県
構造規模:鉄筋コンクリート造 2階建て
延床面積:205.61㎡
設計・デザインについて

両親が暮らし、空き家になっていた築38年の鉄筋コンクリート造(RC造)住宅の全面リフォームです。打ち放しコンクリートの柱・梁を見せたモダンな外観を持つ家でしたが、間取りは現代の生活様式に適応できず、経年劣化による雨漏りや水廻りの設備の寿命が近づいていました。構造体は補強して再利用し、その他の部分を造り変えました。居間と台所を一体化し、4間の間口に柱がない大開口部を南側に設けました。皆が集まり共有時間を持てるよう、居間には畳を敷いて掘り炬燵を据え、日本的なシンプルな暮らし方を実現しています。2階の各部屋は、軒を深く取り、南側をガラス張りにすることで、部屋に広がりを与え、採光と通風を確保しました。