トップページ  >  施工実績  >  住宅  >  湘南の家
湘南の家
所 在 地:神奈川県
構造規模:木造平屋建て
延床面積:52.07㎡
湘南の家

「横長の腰窓が好き。長距離列車の車窓から外を眺めるような、窓に面した造り付けのテーブル・ベンチに憧れる。庭を含めて全体を見渡せるコンパクトな家が良い。」というご要望から設計がスタートしました。

そこで、窓に面した造り付けのテーブル・ベンチをもつリビング・ダイニングを中心に、各部屋を配置し、できるだけコンパクトにまとめることを考えました。建物を小さくまとめることで、庭のスペースを確保し、窓から眺める景色をつくると同時に、敷地になじむ建物とすることができました。高さを出来るだけ低くおさえ、四角い箱に三角屋根が乗っている、誰もが「家」のイメージと結びつくシンプルな形としました。

リビング・ダイニングと他の部屋への出入口は全て引戸とし、建具を引込むと一つながりの部屋となります。コンパクトでありながら、広さを感じさせることのできる知恵です。建具は壁材と同じサワラでつくり、建具を閉めている時は壁と同化し、部屋としてのまとまりを損なわないことにも配慮しました。

三角屋根の屋根裏は部屋として使えるようにしました。1階部分は、15坪のコンパクトな家ですが、この屋根裏を含めると24坪の室内空間があり、小さいながらも暮らしにゆとりをつくり出しています。