トップページ  >  ブログ  >  お知らせ  >  【お知らせ】小さな木の家 KOMAKO
【お知らせ】小さな木の家 KOMAKO
2016年08月11日 (木)

去年の冬よりオークヴィレッジ建築部内で時折聞こえてくる「コマコ」という単語。

コマコ?こまこ?KOMAKO?
KOMAKOとは、何ぞや?ということで今回、ご説明させて頂きます。

0809-1

 

私達、オークヴィレッジ木造建築研究所が新しく提案する「小さな木の家」の呼称です。
(こま【小間】とは、小さな部屋や4畳半以下の狭い茶室を意味します。参考:デジタル大辞泉参照)

最大の特徴は、以下3つ!

 

①家具以上、建築未満の大きさ!

0809-2

 

現在のタイプで、畳上で大体セミダブルベットの面積です。
(受注生産品なので、御希望寸法への変更可能です。)

0809-3 0809-4

 

プライベートな書斎として、ひとりこもるのに心地よい大きさです。
はたまた、2人で腰掛けて雑談?できるに丁度よい大きさです。

 

②組み立て・解体が簡単

部材同士の接合部に込み栓や鼻栓といった伝統的な木組みを用いているので、
簡単に組み立て、解体することが可能です。
脚立と玄翁を使って、大人2人で大工さんなら約20分、一般の方でも、
大体1時間かからないぐらいで組み立てられると思います。

0809-5

 

③オプションのバリエーション
床の仕上げ(畳やすのこ)や建具の種類(木格子、襖、障子、板戸、、、、)を組み合わせことで、様々な仕様に仕上げることができます。

0809-6

 

部屋の中の新たな部屋として、木格子戸に包まれたKOMAKO。

0809-7

 

柔らかい障子に囲まれた畳のベットとして使うKOMAKO。

0809-8

 

庭や外部に、屋根を掛けて腰掛で休憩する東屋となるKOMAKO。

0809-9
建築ほど大げさでなく、手軽に木の空間で皆様の生活をより豊かにするアイテムとして、
1つ、如何でしょうか?

0809-10

 

現在、ジェイアール名古屋高島屋にて現物の展示・販売をしております。(8月23日まで)
御興味のある方は、是非、お越し下さい。

 

森山(設計監理)