トップページ  >  ブログ  >  お知らせ  >  【イベント報告】サマーフェア ワークショップ「大工とつくるテーブル&ベンチ」が終了しました。
【イベント報告】サマーフェア ワークショップ「大工とつくるテーブル&ベンチ」が終了しました。
2019年08月23日 (金)

真夏日となった8月10日に、ワークショップ「大工とつくるテーブル&ベンチ」を開催しました。

オークヴィレッジ高山の自然の中で、暑い日差しを避け、木陰の中での作業となりました。

 

 

今回も大人から子どもまでご参加していただき、大人チーム・子どもチームと分かれてそれぞれ、大人用・子ども用のテーブル&ベンチをつくりました!

 

 

はじめに、これから加工する材料を前に、スタッフより今回のテーブル&ベンチの作り方を簡単に説明します。

 

 

新米大工さんより、さしがねを使った墨の引き方をレクチャー。

線を正しく引く、それだけでもなかなかコツがいります。

 

 

子どもたちも、ノコギリをおそるおそると。。。

 

 

後半になると、だいぶ慣れてきた様子で、気づくと大人チームよりもずっと先の工程へ。。。

 

 

板同士の固定は、雇い鼻栓(やといはなせん)を使用します。

座面などを支える横材によって、脚材を両側から挟み込み、そして鼻栓で固定します。

 

 

子どもチームも負けていません。

げんのうの、トントン・カンカンという音が森に響きます。

 

 

木栓を打ち込み、しっかりと固定します。

雨風などで部材が悪くなったときには交換できます。

 

 

その上に、最初にノコギリで切断した天板、座面を打ち付けていきます。

 

 

雨が溜まらないように、少し隙間を空けながら取り付けていきます。

 

 

予定時間をオーバーしながらも完成しました!みなさま暑い中お疲れ様でした。

最後はつくったテーブル&ベンチに座りって休憩しながら、完成の余韻に浸ります。

 

子ども用は一回り小さく、座るときに転ばない工夫をしています。

 

 

その後に開催しました、シルヴァンクラブイベントのキャンプでBBQのテーブル&ベンチとして、さっそく大活躍。

 

木のことや、技のこと、そして、オークヴィレッジ建築の考え方や、木造建築のよさをお伝えできればと、ワークショップを企画していますが、今回もみなさま、汗をかきながらも本当に楽しそうに取り組んでいただき、私たちもものづくりの楽しさを再認識しています。

森の中に常設する予定ですので、お弁当を持って爽やかな森の中でランチを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

ご参加いただきました皆さま、暑い中お越しいただき、本当にどうもありがとうございました。