トップページ  >  ブログ  >  スタッフブログ  >  床暖房の話
床暖房の話
2018年12月19日 (水)

こんにちは、施工の井元です。

 

12月に入って、急に寒くなってきましたね。今年は暖冬と言われていますが、それでも冬は寒いです。

昔の住まいは夏を旨としましたので、床下の風通しを良くして夏の湿気を逃がす造りとなっていました。その分、冬は床下から冷気が上がってきて、とても寒かったようです。

 

最近の住宅は全体的に断熱性が良くなってきていて、床下に断熱材を入れ、床下の通風を最低限にすることで、だいぶ寒さを感じなくなってきていますが、床素材がフローリングなどの板材の場合は、ちょっと冷たく感じます。

カーペットを敷いたり、スリッパを履いたりして暖をとる方法もありますが、こんな時に床暖房があると大変ありがたいです。

 

床暖房は輻射熱で足元から部屋全体に暖まります。エアコンのように風が出ないので、ほこりなどが舞うこともありません。

またストーブのように火を使わないので、小さいお子様がいるご家庭でも安全、安心に使うことができます。

 

ランニングコストを心配する方もいるかと思いますが、床暖房が無ければ他の暖房器具を使いますので、結局はそれなりの費用が掛かります。長時間床暖房を使うのであれば、灯油やガスの給湯器を使った温水式のほうが、多少電気式よりは安くなるようです。

 

今は後付けの床暖房もありますので、もし今お住まいの住宅で使ってみたいという方は、ガス会社などの床暖房を取り扱う業者さんにご相談してみてはいかがでしょうか。

もちろんオークヴィレッジでもご連絡をいただければ、いつでもご相談を受け付けております。

 

温水式床暖房の例。パネルの中に温水チューブが組み込んであります。厚さ12㎜。

 

電気式床暖房の例。根太の間に落とし込んでいるタイプ。

 

井元 史朗(施工管理)