トップページ  >  ブログ  >  スタッフブログ  >  階段の取付けです
階段の取付けです
2018年10月15日 (月)

こんにちは、大工の佐々木です。

前回、階段の部材を工場で加工しましたので、今回現場で取り付けてみたいと思います。

 

 

まず、「親」と言われる側面の板と、一段目の段板と蹴込み板は後から組めないので先に組んでから設置場所に持ってきます。

 

 

 

 

2段目からは段板、蹴込み板の順番に差し込み、クサビを後から打ち込み固定します。

 

 

それを繰り返して踊り場まできました。

 

 

ここからは一段づつ床下地を作りながら進めていきます。

袖壁が化粧の板なので段板と蹴込み板が差し込めるように彫り込みをします。

 

 

踊り場が終わりましたので、折り返しの階段を組みます。

 

 

 

構造上最後の段板が組めないので二階で先に組み立ててからの取り付けになります。

 

 

無事に寸法通り落とし込めました。

 

 

 

今回は一般的な回り階段でしが、毎回違う階段になるのでなかなか難儀してます。

ちなみに大工さんによって多少組み方は違いますから、その辺はいろいろです。

 

佐々木  繫弥(建築大工)