トップページ  >  ブログ  >  スタッフブログ  >  照明の話
照明の話
2018年02月26日 (月)

現代の生活では夜間活動することが不可欠ですので、照明はなくてはならないものです。

各部屋、シーンにおけるふさわしい照明については、照明の専門家がいるくらいで、各人いろいろ意見があると思います。

 

照明の発行体はいまやLEDが主流となり、白熱電球や蛍光灯はメーカーで出している器具自体が無くなりつつあります。

LEDも出始めに比べると、値段も安価になり色も白熱灯に近いものを出せるようになってきております。

機能的な面においても、スイッチで入り切りするだけでなく、人感センサーを設置して人が近づくと感知して点灯するようにしたり、暗くなると自動で点灯するようにしたりすることができるようになりました。

 

節電になって便利になるので良いことばかりですが、たまにはろうそくの明かりで夜を過ごしてみたり、月明かりで夜空を楽しんだりするのも良いですね。

 

 

 

井元 (施工管理)