トップページ  >  ブログ  >  スタッフブログ  >  長い年月を経て
長い年月を経て
2018年02月03日 (土)

現在、工場で加工中の6mのクリ材、東京の店舗の内装空間に設置されます。

10年前に原木購入して製材を行い、製品としてのクリの6m材。鉋で削るときれいな木目が出てきます。

大工によって加工の後、塗装職人の手によって古色仕上げを行います。

 

 

 

 

 

もう一つは、4mのナラの一枚板。半分に切ってハギ合わせ、2mのダイニングテーブルになります。

こちらは、20年前以上前に製材を行った材料。このような幅60㎝を超える板が取れる原木は、今ではほとんど手に入らなくなりました。

 

 

 

 

突き板や集成材は、注文後2週間ほどで材料が納品されますが、無垢の木は、材料として準備出来るまで5年、10年必要です。

これで、ようやく製品として表舞台に出てきます。これから100年以上は使用可能です。

 

完成の姿が待ち遠しいです。

 

 

栗原 (施工管理)