トップページ  >  ブログ  >  スタッフブログ  >  金沢 雨のち晴れ
金沢 雨のち晴れ
2017年07月07日 (金)

何度かブログで現場の様子を紹介させていただいた金沢市内での店舗が無事完成し、オープンを迎えました。

 

金沢には日本海に流れ込む2本の川があります、1本は女川と呼ばれる浅野川、もう一本は男川と呼ばれると犀川です。どちらも金沢市民に親しまれた川です。

 

今回の現場となる場所は、犀川沿いにありまして、典型的な河岸段丘になっています。

建物は段丘面に配置され、裏は、段丘崖になっています。タモリさんも喜びそうな地形ですね。

天気の良い日などは、前の川原で散歩する人、ウォーキングをする人等、金沢の人たちの憩いの場になっています。

 

 

隣は、金沢でも指折りの料亭です。

今回の建物は、その料亭の別館でもあり、前面の塀も、意匠を替えずに、つながりを持たせています。

 

 

玄関アプローチには、兼六園にも出入りしている庭師が、あつらえた、飛び石、灯篭等が配置されています。

 

 

それを見ながら、店の中へ入っていきます。

中に入るとまず構造材の梁組を見せた空間が、目に飛び込んできます。

 

 

赤松、姫子松の梁、桧の柱、栗の大黒柱、どれをとっても、大工が腕によりをかけて丹精に作り上げた空間になっています。

 

 

突き当りの大きなガラス越しには、水庭が見えています、崖の前には枝振りの良い大きな桜があり、水庭に映りだされます。

 

 

桜の季節は過ぎてしまいましたが、

夜はライトアップもされ、夜桜が美しいです。

 

 

昼は、隣の料亭ほど肩を張らずに、本葛きり等のスイーツや、料亭からのお料理、

夜は、日本酒バーとして、楽しめるようになっております。

 

是非、金沢にお越しのせつは、お立ち寄りいただけたらと思います。

他にない空間と、お料理を堪能していただけることと思います。

 

 

 

 

施工情報

杉の井 穂濤 離れ

オークヴィレッジ通信・夏号にも掲載されております。

杉の井 穂濤 離れ(公式HP)

http://kanazawa-suginoi.co.jp/annex

 

 

 

吉田 (施工管理)