イベント

2020年8月8日(土)【報告】森林育ウィーク シルヴァンクラブイベント「夏のさとやまづくり」


森林育ウィーク5日目の8月8日、 シルヴァンクラブイベント、森林の星空キャンプを8月8日(土)に開催しました。
オークヴィレッジ「緑の国」の森に入り、森の案内人を先頭に、「クロモジ」の葉っぱの香りや、「ニオイコブシ」の葉っぱの味を実際に感じながら説明をきいていました。子どもたちのほうがその違いに敏感ですぐにわかったようでした。

ゴール地点は森の中の少し開けた広場。お弁当を広げて楽しみにしていたお昼ご飯をたべます。少し離れながらも、森の中でマスクを外して思いっきり空気を吸って、くちいっぱいほおばりました。お昼を済ませた後は、杉林の斜面を下って谷を流れる沢へ。


尾根伝いにのぼり、反対側の杉を降りていくと小川が流れていて、とても冷たく、 ひんやりとしていました。かぜは水に冷やされ涼しげな風に。子どもたちがはしゃいでいると、 思わず尻もちをついて、着ていた服が濡れてしまうハプニングも。石の裏を覗いてみると、さわがにがひょっこり顔を出していました。てのひらにのせてじっくり観察。ところ狭しと手のひらを走り回っていました。こうした出来事が夏の想い出となってくれると良いですね。

倒木も子供たちにとっては、格好の遊び場になります。子どもたち全員で木を揺らしながらジャンプ!順番にジャンプしながら黄色い声が飛び交っていました。
森の中を散策しながら、森を降りてきました。子どもたちは少しも疲れた様子を見せず最後まで元気に動き回っていました。とはいえ、家に帰るころには車の中で寝息をたてながらぐっすりお休みかもしれません。

TOPへ