ニュース

新着ニュース

木製品/木製展示品の安全管理につきまして


2016年11月6日(日)、東京都新宿区で行われていたイベント会場で、木製展示物からの出火による大変痛ましい死亡事故が起こりました。

この事故報道を受け、オークヴィレッジでは、木製品/木製展示品の安全管理を以下のように留意しておりますことを改めてお知らせいたします。

 

(1)
  1. 消火用具の設置
 

消防法等法令に基づき施設、内据置きの消火器のほか、着火後急激に燃焼しやすいもの(おが屑など)の展示物周辺には専用の消火器を常備します。

   
(2)
  1. 引火要因の排除
  オークヴィレッジの木製品/木製展示品には、引火要因となり得る火気または電源を用いるものは一部商品(音響スピーカー「Forest Notes」)を除きございません。
展示施設内では、火気を用いた暖房器具の安全管理を徹底するとともに、来場者には完全禁煙、ライターなど火器持込禁止をご案内しています。また、展示物周辺で施設内の電源プラグや配線コードがある場合には、排除もしくは主電源からの電源遮断を行います。
 

 

(3)
  1. 監視強化
 

「オークヴィレッジ 木育キャラバン」などオークヴィレッジ主催の催事では、会場全体に目の行き届く範囲に専用運営スタッフを配置し、運営安全管理としてはもちろんのこと、不審者・不審行動の監視に対する意識強化・監視強化を行っております。

 

 

(4)
  1. 救護体制
 

オークヴィレッジ主催の催事では、万が一の事故が起こった場合に備え、救護態勢を催事毎に整備し、緊急連絡体制と必要な救護用品の用意、イベント傷害保険の加入をしております。



なお「オークヴィレッジ 木育キャラバン」コンテンツの一つである『かんな屑プール』の展示につきましては各法令に基づいておりますが、今回の事故の発火原因が明らかとなるまで、今後の展開を見合わせといたします。

 

▼ 「オークヴィレッジ 木育キャラバン」の詳細はこちらから
    http://www.oakv.co.jp/caravan2016

 

ご不明な点は下記までお問い合わせください。

  1. オークヴィレッジ株式会社 高山本社 (主担当:服部)
 

フリーダイヤル 0120(009)359
メール info@oakv.co.jp

 

 

 

 

2016年11月7日
オークヴィレッジ株式会社

 

 

 

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る