オークヴィレッジとは | ABOUT OAK VILLAGE




古来より人間は、 大きな自然の循環の中で身の回りにある素材を巧みに使い、

それぞれの風土にあった暮らしを営んできました。

 

私たちオークヴィレッジは、1974年の創設当初から、

木という身近な素材を使い、 環境との共生を目指したモノ造りを実践することが、

社会的責任だと考えています。

これを実現するために、

「100年かかって育った木は100年使えるものに」
「お椀から建物まで」

「子ども一人、ドングリ一粒」
という3つの理念のもと、

先達が育んできた人と木の文化に根ざした様々な活動を続けてきました。

 

環境と経済の高い次元での融合が世界規模で求められる今世紀、

私たちは、日本の森に豊富に育成する木という素材を通して、

真の循環型ビジネスモデルの確立を目指し、今後も進化し続けていきます。


100年かかって育った木は100年使えるものに
私たちが用いる材料は、永い時間をかけて大きく育った木です。
その木が生きた年月と同じくらい、永く使い続けられるモノ造りを目指しています。
お椀から建物まで

日本に生育する様々な木を用いて、玩具、文具、漆器から家具、そして木造建築まで、
暮らしの様々な場面で自然素材を活かす提案をしています。

子ども一人、ドングリ一粒

木を使ったら、100年後に同じ大きさになるドングリを一粒植えて、木を山へ返そう、と考え、
NPO法人『ドングリの会』などの活動を通じて広葉樹の植林・育林を続けています。


 




 




BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る